エントリー

コラムその8:修行の実際(ina)

  • 2015/03/14 08:10
  • カテゴリー:コラム

前回、「修行僧」って何?

興味深くお読みいただいたことと想像します。

またinaさんが続きを書いてくださいました。「僧」の

凄さがわかります!!お楽しみください。

✈..✈...✈

《修行の実際》

 

20150314081858.jpg

海外出張が多い方、年に数回ビジネスクラスで欧米に旅行さ

れる方などは、それだけで十分なポイントが貯まるため、修

行は必要ありません。それ以外でエリート会員のステイタスが

欲しい場合は修行が必要になります。

さすが「修行」と表現されるだけあって、ポイントを貯めるの

は色々となかなか大変です。高知発で国内線のみの修行だと、

路線と運賃や搭乗クラスにもよりますが、最低でも年間7080

フライトの搭乗が必要です。そして大前提として予算と時間が

必要です。
時間が限られている場合、国内の日帰りだと、高知東京羽田

沖縄那覇大阪伊丹高知と沖縄にタッチしてくる旅程、高知

東京羽田大阪伊丹東京羽田高知と行った通りに帰ってくる

旅程などは、体力的に正に修行です。また航空各社の競合路線、

新幹線との競合路線は運賃が安く設定されており、修行僧(ある

いは尼)が集まります。例えば沖縄那覇ー石垣あるいは宮古を1

日数回往復するピストン修行が有名です。
国際線の場合は様々な条件が定められており、それを上手く利用

した修行旅程もあります。(1)現地に夜23時頃に到着し、乗って

きた飛行機の折り返し便で数時間後に出発すると、現地での最低

滞在日数の1日をクリアできるとか、(2)国際線乗継分の国内線

航空券は割引になるので、沖縄那覇タッチ修行を国際線の前後に

付けるとか、普通の感覚では真似ができません。
前回と合わせて、マニアックすぎる世界のお話しでした。

20150314081943.jpg
 By ina

✈..✈...✈

 

ページ移動